さいたま市の川合運輸株式会社です

芸人と兵隊

東京芸術劇場シアターウエストで、トムプロジェクトのお芝居「芸人と兵隊」を観ました。

昨年に、戦時慰問の歌手のお芝居を。そして今回は、早坂隆氏の著作・戦時演芸慰問団「わらわし隊」の記録をもとにしたお芝居。

戦地にいる兵隊さんに対して、どのような話をするのがいいのか。その葛藤も描かれています。

特に現代では、とても演じることが難しい内容ですが、柴田理恵さんにベテラン・村井國夫さんがお見事に。

後半の村井さん演ずる、桂銀作の、何のために芸人をしているのか、というところ。

「・・・目の前のお客様に笑っていただけることが、嬉しい。・・・」

なんだか、自分の仕事にも通じるものがあって・・・もしかしたら、多くの人に通じるかも。

仕事はそのためにあるのかも、と。

ikebukuro201902

ikebukuro2-201902

川合運輸株式会社HP

今日はそうでした

今日は、倉庫へ向かう前に、専務がお店に立ち寄ってから・・・。

皆さんに何か配っています。

あとで律儀にお礼のメールが。

そういう日でしたね。

商売柄、お酒はさらに縁遠いので・・・やっぱりスイーツですね。

川合運輸株式会社HP

志願の配車

今週の月曜日は、埼玉県の六校応援団連盟演技発表会「日輪の下に」が、開催されました。

楽器運搬で運行担当は、D氏。

実は、数週間前に、もしご依頼があったら、ぜひ私に行かせてください!と。

そして、めでたくご依頼をいただき、早速、配車決定。

お客様から、ときどきご指名というのはあるのですが、この仕事は私に!というのは、めずらしいかも。

D氏いわく、「楽しく仕事できるのは、実に幸せなことです」と。

川合運輸株式会社HP

完成したので試験

完成したので、早速試験を。

めずらしいパターンの積載条件があるために・・・

この位の緩やかな傾斜ならば、使いやすそうです。

かなり頑丈な構造なので、重量があっても大丈夫。

sulope201902

川合運輸株式会社HP

惚れ惚れする仕事

落語のなかで聴いたことがある職人さん同士のやりとり。

「おう、あれはどうしたい?」

「ああ、あれは、そこんところに、なにしてあらあな!」

「ああ、そうかあ。」

・・・・・・・

落語の中では、「・・・わからないですな」となりますが、それがわかるようでないと、確かに仕事にならないと実感した2日間。

急な頼みごとなので、少しでも手伝えたらと。

さすがに本職の仕事は、実に見事に綺麗に仕上げますね。イメージどおりの形が現実に。

で、無事、目的の木製造作物を積み込んで、帰還中です。

daikudougu201902

川合運輸株式会社HP

見習い一日目

今日は朝から大工仕事の見習い一日目。

優雅に画像なんぞ撮っていられたのは、ほんの何秒か。

このあとは夕方まで、親方についていくのが精一杯で。

daiku201902

川合運輸株式会社HP

予報どおり

昨日は、積雪予報が出て、天気図を見ても?で、翌日の予報図を見ると、ポコポコポコと低気圧が発生しているので、なるほど。

なので、どちらかというと関東でも南部ですね。

昨晩からは、今日の予定が流動的になって、お客様のとの打ち合わせを。

結果的には、予定通りの運行に。

さすがにここまでの気温になると、これは冷たいですね。

風邪がはやっていますので、皆様もお大事に。特に人が多いところでは十分注意が必要ですね。

川合運輸株式会社HP

点字の手紙

子供の小学校時代の寄付がきっかけで、専務が書き損じのはがきなどを寄付するようになって、20年。

私は最初は知らなかったのですが、あるご依頼をきっかけに、それが養護盲老人ホームひとみ園だったと聞きました。

で、今回御礼状を目にして、点字の手紙になっていて、表裏から触ってみているのですが。

そういえば、駅の券売機などで見かけましたが、実際に手にするのは初めてかもしれません。

いつもながらに知らない事が多くて恥ずかしい。

tenji201902

川合運輸株式会社HP

そういえば温泉・・

めずらしく箱根のホテルに楽器を搬入した担当者さん。

とにかく観光客の数の多さに驚いたようです。

土産物店も、いろいろ品切れになるほどの売り上げだったようで。

コンビニで買い物するにも、大変な騒ぎだと。

ちょうどそのような時期?

話を聞ききながら・・・そういえば、久しく行ってないなあ。

川合運輸株式会社HP

やはり現場力!

彩の国工場振興協議会の記念研究会に参加してきた専務から、今日の講演の感想を。

自動車メーカーの系列の部品会社を再建した方の講演でしたが、まじめに改革に取り組んだ内容が実に興味深かったようです。

規模の大きい組織を変えるには、地道な事を「徹底」することなのだと。

専務は、現場の人が設備保全を共有する管理ボードが印象的だったようで、なにやら色々考え始めていますが・・・

系列外のメーカーに初めて販路を拡げた時の話が実に面白くて、このあたりは規模の大小関係なく、ドラマがあるのだと感じました。

sainokunikouzyou201902

川合運輸株式会社HP