さいたま市の川合運輸株式会社です

演奏会Category Archives

川口ストリートジャズフェスティバル2018

音楽を通じた街づくりを目指す、「川口ストリートジャズフェスティバル2018」。

kawaguchijazz201809

土日の2日間、キュポラ会場やリリアの他、十数カ所で。

リリアの展示ホールでは・・・

kawaguchijazz2-201809

JRの人?

乗りたいというより、一式欲しい。

kawaguchijazz3-201809

郵便局のコーナーには、懐かしい展示。

kawaguchijazz4-201809

その奥では、入りきれない人が。立ち見のお子さんも大声援!

川合運輸株式会社HP

各地でイベント

イベントでの演奏が多い時期になりますね。

昨日は、天気が悪かったので、屋外での演奏は中止に。

秋の全国交通安全運動出発式でしたが、式の方は場所を変えて、演奏はやむなく・・残念。担当者さんは途中で引き返しです。(早朝からお疲れ様です。)

さて、商業施設でのスクールバンドコンサートは、予定通り。

この時期は、皆さん、新しい編成ですね。

wakaba201809

川合運輸株式会社HP

聴かせてくれました

先日のコンサートでは、コバケンさんは風邪気味との事で、あまり聞き取れない部分もありましたが、面白かったのはボレロ(ラヴェル)の解釈。

それが「輪廻転生」なのだと。

ちなみに、他のプログラムでは、ソプラノの生野やよいさんと、テノールの笛田博昭さんの、オペラ「蝶々夫人」より「愛の二重唱」。これにシェヘラザードも、王とシェヘラザードの愛を合わせたと。

悲しみ、愛、そして生きる、というプログラムだったのですね。

さすが深い。

深いだけじゃなくて、もう一度聴きたいと思う楽しさがありました。

川合運輸株式会社HP

コバケンとその仲間たち2

演奏会の冒頭は、都内の高校吹奏楽部さんもバンダで参加、ヴェルディの歌劇「アイーダ」より「凱旋の行進曲」。

コンサートミストレスの瀬崎明日香さんの、チゴイネルワイゼンは、悲しみの表現が特に深く。

そして交響詩「フィンランディア」。

その後は、司会の朝岡聡氏の、応援する側に元気を出してもらわないと、という言葉に納得の瑞宝太鼓の「漸進打波」の和太鼓を。

後半は、シェヘラザードの3楽章と、ボレロ。

客席のスタンディングオベーションで、アンコールはファランドール。

司会の言葉通りに、聴き終わって実に元気をもらいました。音楽の力をあらためて実感!

suntoryhall3-201809

suntoryhall2-201809

川合運輸株式会社HP

平均律クラヴィーアの魅力

先週の日曜日に聴いた、大塚直哉氏のレクチャーコンサート。

彩の国さいたま芸術劇場の音楽ホール。ステージには、ポジティブオルガンとチェンバロ。

J.S.バッハ”平均律クラヴィーア”の魅力、ポジティブオルガンVSチェンバロと題した、この楽器の聴き比べ。

バッハの平均律クラヴィーア曲集の第1巻より、レクチャーしながら・・・

客先には、ノートに一生懸命メモをとりながらの学生さんの姿も。

こちらは、ゆったりとした空間で、聴くことを楽しみました。

で、第1番ハ長調から順に、それぞれお楽器で。

説明を交えながら弾くのは相当大変と思われますが、大塚氏のエネルギーがそれをはるかに上回っているようです。

同じ曲でも、同じ曲とは思えないほど、それぞれの楽器の印象は違います。

ポジティブオルガンは、かわいらしい音色ですね。でもチェンバロと比べたらボリュームは比較にならない。

いい雰囲気のホールで、音楽と秀逸な話術をゆったりと。

saitamageizyutu201809

川合運輸株式会社HP

吹奏楽コンクール西関東大会2

日差しがジリジリですが、昨日よりもいくぶん湿度は低くなったように。

甲府のコラニー文化ホールでの吹奏楽コンクール西関東大会は、今日は高等学校A部門と大学部門。

チケットもすぐに完売になるので、聴けるのは貴重な機会です。

A部門は、課題曲と自由曲の2曲。

マーチでも結構印象が変わります。実に楽しく聴けた演奏も。

2日間、聴かせていただいて、感動の涙あり、その他のも・・・。で、やはり清々しいです。

学生の皆さんが、先生や仲間と精魂こめてつくりあげた音楽。ホールの空間にしっかり記録されましたね。いえ、録音録画だけじゃないです。

koufu2-201809

川合運輸株式会社HP

吹奏楽コンクール西関東大会

山が近いといつも思いますが、今日は雲も近い。山梨県甲府市のコラニー文化ホール。

今日は、吹奏楽コンクール西関東大会。小学校と中学校A部門。

陽が出てまぶしかったり、ざっと雨が降ったりの一日。

koufu201809

川合運輸株式会社HP

チャイコフスキーの5番

一昨日の夜は、池袋の東京芸術劇場まで。

チャイコフスキーの5番をじっくりと。

汐澤安彦指揮・SIOフィルハーモニーオーケストラのドリームコンサート。

あるときから2楽章の凄さに、子供の時以来、怖い曲のひとつに。

宿命の動機に、心臓も動悸がしそうなほどの音楽を堪能しました。

geizyutugekizyou201808

川合運輸株式会社HP

スリリングな時間

昨日は、今週後半から来週にかけての準備で一日。

2、3日前に何かで流れた音楽が頭から離れなくなって・・・

久しぶりにプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を。

強烈な曲ですね。

生で聞いたのは、高関氏の指揮のとき。

反対側の席で、指揮を見ながら。しかも後半の曲は、春の祭典。

時々オーケストラに小節の数を指で合図しながら、なんともスリリングな時間でした。

prokofiev201808

川合運輸株式会社HP

今日は吹奏楽コンクール会場へ

saitamabs201807

再び元気にセミが鳴いています。

さいたま市文化センターでは吹奏楽コンクールが開催中。

今日は大学の部と、県内各地の市民吹奏楽団さんなど社会人の方を中心とした一般の部。

人数もさまざま。もちろん選曲も。

それぞれのカラーが実に出ていて面白いです。

この時期はなかなかコンクールは聴けないのですが、今日は日曜ということもあって、1時間という約束で・・・。ところが、聴いていてそのまま、もう1時間。ホントはもっと聴いていたかったのですが。

saitamabs2-201807

川合運輸株式会社HP