さいたま市の川合運輸株式会社です

鉄道だけじゃない

今日は、さいたま市の大宮では、アートフルゆめまつりが。

そして連休明けの7日から、さいたま市の新しい大宮区役所がオープン。

先月から建物が完成しているのを見てましたが、縦の白い線は、絹糸をイメージしてデザインされたとか。

近くの商業施設のコクーンシティが、名前からして「繭(まゆ)」ですが、新しい区役所のあたりも、そして移転前のさいたま赤十字病院も、もとは製糸工場だったのですね。

コクーンの片倉工業しか知らなかった。

oomiyaku201905

川合運輸株式会社HP

遅くまでご苦労様です

今週もはやく過ぎようと。あっという間です。

今日一番遅め担当者は、マネージャー氏。

今月後半の本番に向けて、実に練習熱心なお客様の楽器を・・・

遅くまで練習場にて待機でしたね。大変ご苦労様です!

rensyuuzyou201905

川合運輸株式会社HP

安全再認識

連休明けの週。

作業の方はまだ若干緩やかですが・・・

世の中は、あれこれ忙しく動いておりまして、ついていくのが大変です。

自動車の問題も大変で、専務は、交差点では指差し確認をしたと帰ってきました。

どういう種類の車であっても、ハンドルを握る立場の人は、「漫然運転」の意味を再確認する意義は大きいのではと。

川合運輸株式会社HP

実り多い年に・・・

今日は一日、お見積の作業を。

日付は春から、夏を飛び越えて、秋まで。

来月辺りからは今年もあっという間になりそうです。

そういえば・・・

今年は台風は何回くらい来るのだろう・・

川合運輸株式会社HP

連休明けまして

連休明けは、早速皆様から色々とご連絡を。

本日もありがとうございます。

さて、皆様のご予定は6月からが多いですね。一部同じ日に重なってきているので、休み明け2日にして少々汗・・・。

3ヶ月分のスケジュールをまとめてお知らせいただいたお客様も。助かります!

川合運輸株式会社HP

ぼやぼやしてたら売り切れる

今年もラ・フォル・ジュルネに。

チケットが完売のプログラムも多く、今回は初日の遅い時間のみ。

21時開演なので、近くでお茶して、さらにゆっくり書店も巡ってからと余裕。

タタルスタン国立交響楽団、アレクサンドル・スラドコフスキー指揮で、シャブリエの狂詩曲「スペイン」と、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。ソリストは神尾真由子。

ソリストは、堂々とした貫禄は変わらずですが、弾いているときの表情とか揺れ方が少し変化があったようにも。

指揮者は、祭典にふさわしい、魅せる指揮という感じで楽しかったです。

なにしろホールが巨大なので、少々音の響きがおとなしめになってしまいますが・・・夜遅いのでちょうどいいかも。

今年のテーマは、「ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」でした。

・・・

音楽は生めないけれど、旅はしたい・・・

LFJ201905

川合運輸株式会社HP

今日は賛美歌

おめでたい令和改元10連休の最終日。

今日はチャペルで賛美歌を歌いました。

親戚の結婚式でした。

おめでとうございます!

tsubakiyama201905

川合運輸株式会社HP

旋律、華やかに

今日は春日部市民文化会館まで。第14回 越谷北高校高等学校吹奏楽部定期演奏会。

ゲスト指揮者によるマーチや、同じくマリンバのソリストによる演奏もあって、実に楽しい曲ばかり。

1部の最後は、なんとチャイコフスキーの交響曲第1番。終楽章のみでしたが、民謡をもとにした独特な旋律に、最後は勇壮な華やかさ。

民謡といえば、マリンバのアンコール曲も、五木の子守唄をモチーフにした曲で、冒頭から懐かしさを感じる曲でした。

新入生が加わっての「オペラ座の怪人」に続き、「ロード・オブ・ザ・リング」ハイライトも熱演。

アンコールの合唱も、実に心に沁みる歌声!

kasukabekwo201905

川合運輸株式会社HP

渋谷で理性的な変人たちを観た

連休前に、混沌とした机まわりを整理していたら、何枚かとっておいた演劇のチラシがぱらりと。もともと気になるデザインと題材。ドリンク付きで、今日はちょうどよい。

というわけで雷まで鳴る中、雑踏から細い坂道ラブホテルの向かいのライブハウスまで。

「理性的な変人たち」旗揚げ公演は、イスラエル出身のニル・バルディ作の「燃えるスタアのバラッド」。

紛争の絶えない中を生きる、イスラエルの少年と家族の話。

とても小さい空間で、「現実」が目の前で早回しのように繰り広げられる様は、まるでパイでも顔に投げつけられたかのような衝撃的な70分でした。

sibuya1-201905

sibuya2-201905

sibuya3-201905

川合運輸株式会社HP

応援団との強い絆

今日はさいたま市民会館おおみやへ、埼玉県立浦和高等学校の第五十一回定期演奏会を聴きに行きました。

吹奏楽編成のみでなく、ビッグバンドやスカバンドと、そしてピアノとバスクラリネットだけの曲もあってバラエティーに富んでいます。デッキブラシを用いたパフォーマンスも大好評。

アースダンス(M.Sweeney)や、祝典のための音楽(Philip Sparke)が、そして見事なサックスソロの追憶のテーマ(Marvin Hamlisch)が、とても印象に残りました。

応援団との強い絆には熱くなりますね。

omiyauwo201905

川合運輸株式会社HP