さいたま市の川合運輸株式会社です

記憶の生糸

大宮の製糸工場の話が出たので、調べてみると・・・

その工場が出来てから、三十年ほどで、昭和四年の米国株式市場の大暴落、その後は戦争となるのですから、今も昔も産業を取り巻く環境はめまぐるしかった・・

そういえば、私が会社に入った最初の数年は、繭(まゆ)を運ぶ仕事もあったのです。

その時期だけ、何カ所かの農協に行って、集まった袋入りの繭を積んで、製糸工場に持ち込む輸送を依頼されていました。

確か自分も一度くらいは、助手席に乗って行ったようにも思いますが、あまり詳しい記憶がなくて、行った農協と、古い工場がかすかに。

N氏あたりは覚えていますかね?

荷台に残る特有の匂いが苦手という人いたような。

桑畑も、三十郎、じゃなくて三十年位前ですと、割合身近なものでして、うちの会社も長いですからね。私も長いか・・・

川合運輸株式会社HP

About 川合 修

さいたま市・川合運輸株式会社の川合修です。昭和10年創業の運送会社を受け継いではやそろそろ30年近くになります。企業のお客様だけでなく個人・団体のお客様からのご依頼が多いのも当社の特徴です。わかりやすく丁寧にご説明する一助になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です