さいたま市の川合運輸株式会社です

音楽の原動力

昨日は、所沢ミューズまで。久しぶりの音楽鑑賞です。

早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団 第90回定期演奏会。

前半は、ヨハン・シュトラウス2世の喜歌劇こうもり序曲と、スメタナの我が祖国より第2曲ヴルタヴァ(モルダウ)。

2曲目は、祖国そのものですが、プログラム全体が、祖国だったり民族というテーマが流れているのですね。

川の流れに、みずみずしさまで感じられます。

後半は、シベリウスの交響曲第2番。

自然を畏怖するかのような前半と、大自然を背景に、長い物語を締めくくるかのような後半の安堵感、ずらりと並んだ金管の華々しさが印象的です。

muse202406

川合運輸の楽器輸送

About 川合 修

さいたま市・川合運輸株式会社の川合修です。昭和10年創業の運送会社を受け継いではやそろそろ30年近くになります。企業のお客様だけでなく個人・団体のお客様からのご依頼が多いのも当社の特徴です。わかりやすく丁寧にご説明する一助になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です