さいたま市の川合運輸株式会社です

子猫を救出せよ2

昨日のつづき。

騒ぎのあと、一人、また一人と帰宅。夜も遅くなったころに、連絡が入って・・・

なんと、N氏が車で自宅に着いたら、その車のエンジンルームに、あの猫がいた。!!

それで外に出したと。

ということは、あのあと、するりと逃げ出して、N氏の車のエンジンルームに入ったのか。

でも、なぜN氏の車?

ちなみに、N氏の広大な敷地に建っている、N氏の館には数えきれないくらいの猫がいるのだそうで。

それに惹かれた?

でも家には入れなかった。

それにしても。

声だけ聴こえて姿が見えないときは、あらゆる可能性を考えて・・・しまいには、「これは空耳か」「猫の精か」まで・・

それとも猫のヒッチハイク?

あれこれ考えると、ヒッチコックの世界になりそうなので、この話は、これで打ち切り。

川合運輸株式会社HP

About 川合 修

さいたま市・川合運輸株式会社の川合修です。昭和10年創業の運送会社を受け継いではやそろそろ30年近くになります。企業のお客様だけでなく個人・団体のお客様からのご依頼が多いのも当社の特徴です。わかりやすく丁寧にご説明する一助になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です